布団の中、ぬくみ、聖域、きつねたちは魚のように群れ泳ぐ、水、泡、眠り、ホワイトノイズ、穏やかな死、星、深いまどろみ、無重力、回遊する景色、祝祭、石のように眠る、春の気配、微炭酸、

雨。

いつか海が迎えに来る。あるいはもう迎えに来ていて、僕らは気づかずにいる。

(さまざまのありきたりな不安。)

すべてが通り過ぎたあとで、たくさんの砂たち、星たち、さざ波のきらめきのひとつひとつが、一度きりの出来事としてそこにあることを知る。そしてふたたび戻ることのない時間を思う。